4コマ漫画でアクセスアップロゴ

4コマ漫画のまとめ方

 4コマ漫画の描き方やストーリーを勉強するのに一番手っ取り早い方法があります。それは描きなれた上手な線の引き方の絵や面白いストーリーの上手な方の作品を大量に読むことです。コンビニや書店などにも4コマ漫画の雑誌が手に入るので一冊買って読んでみる大変勉強になります。今までは4コマ漫画をただ読んで面白いと感じ、笑ってしまう程度だったのが、ストーリーを意識して読む場合とでは、「起承転結」を感じ取れ、「こんな風に持っていけば面白いんだ」、「絵はこんなに簡単な絵でもちゃんとした4コマ漫画になるんだ」と感心するでしょう。インターネットでもたくさんの4コマ漫画を読むことができます。作者によってキャラクターの描き方やストーリー性に個性が出ているので、上手な方が描いたストーリーやセリフ、オチのへの進み方は大変勉強になります。うまくストーリーをまとめられないのなら、たくさん4コマ漫画を読みましょう。
 まとめ方としては1コマ目が話のはじまりの第一段階ですが、ここは面白くなくても、何のストーリーでどんな人物なのか分かれば良いのです。そして順に2コマ目、3コマ目とストーリーを膨らまして行くのですが、2コマ目は1コマの続きで少し進んだストーリーを描きます。発展させた場面を描けば良いのです。3コマ目はフリの前の段階なので、漫画だからこそ描けるありえない、おかしげな場面を描き入れます。そのほうがオチで笑いが取れるからです。4コマ目は話が笑えるように3コマ目よりも面白く、または悪化させるとオチが表現できます。
 簡単なおすすめの練習方法があります。上手な方が描いた4コマ漫画の少し変えた似ているストーリを描くのです。登場人物を自分にかえてみたり、ほかのキャラクターに書きかえる練習をするとオチへの進み方が頭にインプットされやすいので、4コマ漫画のまとめ方の練習におすすめです。